ニュース365

京都「餃子の王将」出町店の新聞記事、19年前に編集しました

学生に無料サービスをしている「餃子の王将出町店」が10月、閉店する記事を読んだ元同僚ガクサンから連絡をもらいました。

てづくり水餃子
【餃子】「餃子の王将」出町店が閉店へ | 世界の餃子ストーリー京都にある「餃子の王将」出町店が10月、閉店すると知りました。学生が30分の皿洗いをすれば1食タダにするサービスを1982年からしていました。インド、北京、香港、台湾…人情あふれる世界で出会った餃子のお話です。...

未来食堂の先駆けだったあのお店の記事に多田ちゃんがつけた見出し、『ああ満腹、さあ皿洗おう』だったっけ? 敏腕新聞編集者のI氏が「俺にはつかない」と脱帽したよね。当時ポンコツ編集者だった自分には、I氏がなぜ絶賛したのかさえよく分からなかった。今なら素晴らしさがよく分かります。ウソつきアジア珍道中、懐かしいっすねえ。また行きましょう!

うわぁー。すっかり忘れていましたが、すぐに思い出しました。

「あぁ満腹さぁ皿洗お」「京の中華料理店 ご飯代ない学生さんへ」「感謝込め食後30分」「何でもええ 打ち込んでや 店主・井上さん」「20年前から『食の心配させん』」。(2001年5月18日、朝日新聞大阪本社夕刊4版第1社会面)

「出町の王将」のことをよく覚えているのは京都在住となる前、新聞編集者のころかかわったからだと気付きました。

それにしても19年前の記事の見出しを覚えているガクサンがすごい。

ベタぼめしてくれていて恥ずかしく、いえいえ、そんな…と謙そんしたくなりますが、考えを改めました。せっかく評価してくれている相手の言葉を否定し、疑うことになります。いうべきセリフは否定語ではなく「ありがとう」です。「真に受けるチカラ」って大事ですよね。しっかり受け取りパワーに変換、1ミクロンでも世の中に貢献したほうがいいです。

というわけでメーンカット(一番大きい見出し)の「あぁ満腹さぁ皿洗お」もいいのですが(自賛)、サブの「何でもええ 打ち込んでや」がいま見ても好きです。19年前の私も思いを込めてつけました。私も学生時代、貧乏でしたから。もちろん店主の井上さんがおっしゃっているのですが。「学生に食べることの心配なんかさせたらいかん」。学生街・京都スピリットが漂っていいですね。

その一方で「京の中華料理店」との見出しは…ちょっと違う気もします。「王将」は「王将」でしょう。いまでも悩みそうです。

記事では皿洗いをした佛教大や京大生のコメントが登場します。彼らもいま、40代ですね。

餃子のことを考えていたら思い出しました。

ニムラナの羽根餃子ニムラナの羽根つき餃子 Photo by Chikako TADA

インド・ラジャスタン州にあるニムラナ日系工業団地まで車で2時間かけ、日曜日に走りに行っていました。平たんで週末は車も来ないからちょうどよかったのです。

日系企業専用のエリアを大きく一周すると7キロほどになりました。2~3周走り終わるとすぐ近くにある居酒屋「くふ楽」で羽根つき餃子を頼んだものです。出来栄えにムラがあるので常連だった仲間が「きょうのはよくない」とか指導していました。

パリの中華街ベルヴィルにある「阿國餃子館」もなつかしいです。福岡は老舗「餃子李」が行きつけでした。李さんはいつも一人でした。

大阪では3のつく日に餃子が安くなる(いまはやってないかな)「珉珉」、ロシア・サンクトペテルブルクで食べたシベリア餃子ペリメニ(サワークリームをのせる)…。

台湾でつくった蒸し餃子台湾でつくった餃子 Photo by Chikako TADA

だれかと一緒もよしひとりもよし、どんな場所でも何人たりとも、どんな具材でも受け入れて包み込む。餃子ってすばらしく寛容でフレキシブルな食べ物ですね。

Author
Chikako Tada
Chikako Tada
食メディア「Pen & Spoon」編集長。元・朝日新聞記者。ル・コルドン・ブルー・パリ校製菓ディプロム取得。パリⅢ大学で仏語を学ぶ。TOEIC895点。辻調製パン技術講座(通信制)修了。フランス・スイス・NZ・インド・タイ・香港で食セミナー/指導。
あわせて読みたい | RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です