パリの小さなキッチン  単行本

¥2,200

席数たった2つ。パリのアパルトマンのキッチンで生まれたお手軽でおいしいフランス風おうちごはん。新進気鋭の料理家によるフレンチレシピ120。日々の献立からピクニック、おやつ、おもてなし、定番メニューにデザートまで。

カテゴリー:

説明

パリのアパルトマンで生まれた、お手軽でおいしいフランス風おうちごはん!

「フランス料理」といえば、時代遅れのシェフが手をかけ過ぎた挙句、バターどっさり……といったイメージがあるかもしれません。

「メ、ノン! (でも違います)」。

家庭料理こそフレンチです。パリで暮らし、あらゆる食卓を経験した著者のレイチェル・クーは言います。

ミシュランの星付き料理店のようなキッチンなんて必要ありません、「ジュ(=煮汁)」とか「ブランシール(=湯通しする)」といった「いかにもフレンチ」な単語に惑わされないで、と。

本書は、小さなキッチンで8人のティーパーティーも、カップル向けディナーもこなす、パリ在住新進気鋭の料理家による、おうちで手軽においしいフレンチが楽しめるレシピ集です。

レビュー

レビューはまだありません。

“パリの小さなキッチン  単行本” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。