10年レシピ

弁当の詰め方コツ4 | アイコンと8㎝千切りおかずで3D化

弁当のコツ
Photo by Chikako TADA
北海道の方から教わった「アイコンおかず」です。歯車みたいでかわいいです。1品足りない!というときにも便利です。
木曜ポークチャップ

弁当をつくって(コロナで半年ほど中断しましたが)5年目です。7年住んでいたインドでは手に入る食材が限られていました。あの手この手を試しましたが裏技などなく、みるみるガンが治ることも2週間で10キロやせるおかずもないまま(!)現在にいたります。

シンプルなことばかりですが私なりの方法をシェアします。

1:味付け・調理法を取り混ぜる

どうしてもメーンはしっかり味=しょうゆ系が多くなるので、わき役おかずはマヨネーズ、ケチャップ、塩などにします。きんぴらなら塩きんぴらが多いです。

酢の物とかマスタード味とか、辛いものも入れたいところですが9歳児が食べないので…。少しずつ入れています。

調理法もなるべく焼く・揚げる・ゆでるを取り混ぜるようにしています。

にんじんおかず

2:「ながいもの」には巻かれろ

何でも巻くのが好きです。ゆでキャベツ、ハム、薄焼き卵、ちくわの開き…。かたちの決まらないおかずも巻けば詰めやすいし、仕切りもいりません。

市販の弁当っておかずごと、いちいちカップに入っていたり仕切りがあったりしますよね。なぜあんなに分けるのだろう。食べられないものを入れて、残って戻ってくるのが苦手なのもあります。仕切りたいならレタスとか青じそを使います。

火曜塩サバPhoto by Chikako TADA

3:マンネリではなくアイコンであるという自信を

私の場合は「にんじんフォーク」です。

インドにいたころはクッキー型を山ほど持っていたので他の型でも抜いていましたが、何となくおさまりがいいのでフォークが定番になりました。「オカーサンのつくる弁当、いつも入っていたなあ」とずっと覚えていてくれたらいいかな、と思っています。

アジフライPhoto by Chikako TADA

「ワンパターンおかず」ではなくて「弁当アイコン」なのだ!だから脱却しなくていいのだ!と積極評価すれば、作る側も食べる側もうれしくなりませんか。

「卵焼きは必ず入れる」「ミニトマトとにんじんは食べてくれるので入れる」など、決めるとラクですね。近ごろは「ちくわなると」もアイコン化しつつあります。

ちくわなるとのレシピ

木曜ポークチャップ

ちくわなると

北海道の方から教わった「アイコンおかず」です。歯車みたいでかわいいです。1品足りない!というときにも便利です。

調理 | Cook: 5 minutes
合計 | Total: 5 minutes
原材料:

ピーナッツフリー

Course:

弁当

Cuisine:

和食

Servings: 2
Cost: 50円

道具 | Equipment

  • つまようじ

材料 | Ingredients 

作り方 | Instructions

  • ちくわは縦半分に切ります。内側に切れ目を(1~2㎝幅)入れます。
    ちくわ
  • クリームチーズを大さじ½ずつ塗ります。スライスチーズなら切ってのせるだけです。
    チーズ
  • のりをのせて巻きます。
    のり
  • ようじで止めます。
    ようじ
  • 火を使わず子どもでも簡単に作れます。
    ちくわなると

Video

さあ、作りましょう!#ペンとスプーンのハッシュタグをつけてご自身のFacebook, Instagram, Twitterに投稿してくださいね。

4:「バッファーおかず」で調節・上げ底・3D化

ハムやらキャベツやらで巻き巻きした「かたちの決まったおかず」も必要ですが、すき間埋めのための「バッファーおかず」もいります。ないと弁当に動きが出ないというか。

にんじんの千切り(たいていラペか塩きんぴら)が最多出場です。

弁当を立体的に詰めるために野菜は長めに切るのが好きです。

にんじんの千切りやほうれんそうのおひたしなど、8~10㎝でしょうか。

こんもりと立体的に詰めるには、ふつうの長さ(5~6㎝)だとぺったりしてしまいます。小松菜や水菜、ラデッシュなどは切らずに結ぶこともあります。立体的にみせるためです。

参考になるものがひとつでもあればうれしいです。

にんじんの塩きんぴらのレシピ

とんかつ弁当

にんじんの塩きんぴら

しょうゆ味きんぴらより色がきれいで、塩味だけで炒めるより甘さが出て食べやすくなります。

調理 | Cook: 10 minutes
合計 | Total: 10 minutes
原材料:

ピーナッツフリー

Course:

副菜
弁当

Cuisine:

和食

Servings: 100 g
Author: Chikako Tada
Cost: 60円

道具 | Equipment

材料 | Ingredients 

作り方 | Instructions

  • にんじんは皮をむきます。
    皮をむく
  • もしクッキー型があれば抜いてみましょう!
    型抜き
  • 残りは8㎝長さの千切りにします。フライパンに油を熱してにんじんを炒めます。塩をふります。
    千切り
  • 酒をふります。
    酒
  • みりんも加えます。1分ほど炒めます。しんなりすればOKです。
    みりん

Video

さあ、作りましょう!#ペンとスプーンのハッシュタグをつけてご自身のFacebook, Instagram, Twitterに投稿してくださいね。
Author
Chikako Tada
Chikako Tada
食メディア「Pen & Spoon」編集長。元・朝日新聞記者。ル・コルドン・ブルー・パリ校製菓ディプロム取得。パリⅢ大学で仏語を学ぶ。TOEIC895点。辻調製パン技術講座(通信制)修了。フランス・スイス・NZ・インド・タイ・香港で食セミナー/指導。
あわせて読みたい | RELATED POST
5 5 votes
☆評価☆
コメントを知らせる
通知します
guest
4 コメント
最初
最新 最多得票
Inline Feedbacks
すべてのコメントを見る
Kyoko

千香子さん いつもありがとうね
私の一番苦手なお弁当の美的センス問題が
クリアできそうです
まさに救世主ですよ
これからも楽しみにしてますよ
響子

[…] ちくわなると:レシピはコチラです。卵焼き、ミニトマトに続く準レギュラーです。 […]

[…] にんじんきんぴら:バッファーおかずの大定番。レシピはコチラです。 […]

4
0
★評価・コメントぜひ(^_-)-☆ | Pen & Spoonx