10年レシピ

【ホットケーキのレシピ】小麦粉から作ってふっくら

ホットケーキ
Photo by Chikako TADA
あまじょっぱいホットケーキです。小麦粉から簡単に作れます。市販のミックス粉のような香料なし、てらいのない味わいです。
ホットケーキ

ホットケーキとパンケーキの違い

ホットケーキは和製英語です。欧米では「パンケーキ」ですね。2010年代からホイップクリームてんこもりの「エッグスンシングス(Eggs ‘n Things)」がハワイから上陸してブームとなりました。ホットケーキは分厚くて、パンケーキは小ぶりで薄い印象でした。世界一の朝食として知られるオーストラリアの「bills」も2012年、日本にやってきました。リコッタパンケーキもブームになりましたね。

フワフワの「スフレパンケーキ」も登場、ホットケーキとも違う独自の進化をとげています。

イメージとして生クリームがかかると「パンケーキ」になりますね。パンケーキと呼べば200円増し(どころか3000円なんですよね)になっても許される、ような…。

スフレパンケーキ

ホットケーキに何をかけるか問題

ホットケーキ愛を語ります(パンケーキも好きですが)。森永製菓が日本でホットケーキミックスを売り出したのは1957(昭和32)年です。私も子どものころ、ケーキシロップ(メープルではない)とマーガリンをたっぷりのせて食べるのが楽しみでした。

数十年後に親となり、手に入れたのが「きょうのおやつは」という絵本です。ホットケーキが登場します。本当においしそうで大好きでした(私が)。

「しあげは しろっぷ とろ とろ とろり」。やたら念入りに読み聞かせたものです。

ホットケーキが登場する本といえば村上春樹のデビュー作「風の歌を聴け」です。「ホットケーキのコカコーラがけ」が主人公の友人の好物で、何枚かを重ねて4つに切って、コーラひと瓶(瓶です、瓶)をかけるのです。

しゅわしゅわっ、きっとおいしい…のかも。

世界のパンケーキ:カナダ、ハワイ、オランダ…

メープルシロップ/メープルシュガーのふるさとを訪ねてカナダ・ケベック州を訪ねました。フランス語のメニューに「クレープ」とあったので薄いクレープを想像して頼みました。

ところが出てきたのはパンケーキでした。カナダのフランス語圏では「クレープ=パンケーキ」です。

ケベック州のパンケーキPhoto by Chikako TADA

さすが本場、メープルシロップの瓶をドン、と置いてくれるのがうれしくて。もうこれ以上は吸い込まないのじゃないかと思うほどかけました。

カリカリベーコンにもシロップがかかります。これがまた甘じょっぱくてたまりません。

ホノルルのドライブイン「Megs」は「ホットケーキ」

ハワイでは「これぞホットケーキ」に出会いました。工場や倉庫が並ぶカリヒ地区にあるドライブイン「メグズ」です。パンケーキではなく「Hot Cake」とメニューにもあります。

年季の入ったコカ・コーラの看板、天井で健気に回る年代物のファン…。日本からやってきたメグムさんが50年ほど前、開いたそうです。懐かしい雰囲気です。

ただずまいに味があって、通いたくなるようなお店でした。

メグズのホットケーキはふんわりあっさりしています。50年前から変わらぬレシピだそうです。「卵10個に、水16カップ、小麦粉3パウンド…」。

カップはアメリカサイズ(240ml)ではなく、日本の「1合(180ml)」でした。アメリカ式と日本式(それも昔の)が入り混じります。ハワイを感じました。

デリー発パリ行のエールフランス航空でもパンケーキをいただきました。シナモンの効いたリンゴ入りパンケーキに洋ナシのコンポート添えでした。

エールフランスのパンケーキ

飲み物にマサラティーとショコラ・ショー(ココア)があるのが「デリー発パリ便」ですね。

フランス産の発酵バター(Isigny)がついていました。インドはもちろん、日本でもなかなか手に入らないのでうれしくて、たっぷりつけてパンケーキを食べました。

ホットケーキのレシピ:混ぜるだけ|バター敷かずに焼いて

ホットケーキ

昔ながらのホットケーキ

あまじょっぱいホットケーキです。小麦粉から簡単に作れます。市販のミックス粉のような香料なし、てらいのない味わいです。

調理 | Cook: 30 minutes
合計 | Total: 30 minutes
Course:

朝食
デザート
おやつ

Cuisine:

和食
アメリカ

Servings: 4 枚(直径10cm)

道具 | Equipment

材料 | Ingredients 

トッピング

作り方 | Instructions

  • 材料をそろえます。バターは湯せんか600wの電子レンジに10~20秒かけて溶かしておきます。
    ホットケーキの材料をそろえる
  • 薄力粉、ベーキングパウダーは一緒にふるってボウルに入れます。
    ホットケーキの材料
  • 砂糖を加えて泡立て器で混ぜます。
    砂糖を加える
  • 別のボウルかお椀に卵に割り入れます。
    卵を割る
  • 牛乳を注ぎます。
    牛乳を注ぐ
  • 卵と牛乳をフォークで混ぜます。
    牛乳と卵を混ぜる
  • 溶かしバターかサラダ油を加えてよく混ぜます。
    溶かしバターを加える
  • 卵バターミルク液を粉のボウルに加えます。
    粉に加える
  • 泡立て器で混ぜ合わせます。
    泡立て器で混ぜる
  • 粉けがなくなればOKです。もったりとした生地です。
    もったりとすればOK
  • バター少々(分量外)をフッ素樹脂加工のフライパンに溶かします。ないほうが焼き色がきれいに焼けます。
    バターを溶かす
  • 生地の4分の1をフライパンに流します。お玉で20~30㎝の高さから落とします。ふたをして弱めの中火で3分ほど焼きます。
  • 表面が乾くぐらいです。
    表面が乾くまで焼く
  • ひっくり返して反対側も焼きます。ふたなし、弱めの中火で2分です。
  • お好みでメープルシロップやバターをのせてどうぞ。カリカリベーコンを添えるのもよいですね。コーラも…試したら教えてくださいね。
    バターをぬってどうぞ

Video

Notes

  • 1枚ずつ焼く場合、3枚目からは焼き時間が短くなります。表2分、裏2分ぐらいです。
  • 甘さ控えめなので、ディップを添えてお食事にもなります。

  • 牛乳で作るとほんのり甘く、ヨーグルトだとふんわりします。

  • 裏ごしカッテージチーズでも作れます。もっちりとします。

  • どれもなければ単なるお水でも。あっさりします。
さあ、作りましょう!#ペンとスプーンのハッシュタグをつけてご自身のFacebook, Instagram, Twitterに投稿してくださいね。
Author
Chikako Tada
Chikako Tada
食メディア「Pen & Spoon」編集長。元・朝日新聞記者。ル・コルドン・ブルー・パリ校製菓ディプロム取得。パリⅢ大学で仏語を学ぶ。TOEIC895点。辻調製パン技術講座(通信制)修了。フランス・スイス・NZ・インド・タイ・香港で食セミナー/指導。
あわせて読みたい | RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Recipe Rating