がんづき
おやつレシピ

がんづきのレシピ | 岩手のおやつ、重曹と酢でふわふわ

\ Share! /
はちみつと牛乳が入ってしっとり、重曹と酢でふくらみます。ふわふわを楽しんでくださいね。
がんづき

東北のおやつ・がんづきのレシピを紹介します。地域によって違うお菓子ですが、ここでは岩手で教わった「蒸しパン」です。はちみつが入るのでしっとり、重曹と酢の化学反応でふくらむのでふわふわです。ぜひ作ってみてくださいね。

がんづきとは:黒ごまは「雁」、丸いかたちは「月」

丸いかたちに黒ごまが飛ぶさまを「雁(がん)と月」に見立てて「がんづき」と呼ばれるとか。地方によって違うようです。

私が「がんづき」を習ったのは震災から1年余りたった2012年、岩手と宮城です。岩手で友人から教わったのが今回、紹介している蒸しパンタイプです。

教わったレシピは拙著「世界のおやつ旅」でも紹介しています。

がんづきの材料
Photo by Chikako TADA
がんづき
Photo by Chikako TADA

「がんづき」は宮城でも習いました。仙台から40キロにある美里町の農家レストランです。

「この辺ではこれを<がんづき>と呼ぶんですよ」。師匠が指さしたのは白くて、ういろうみたいなお菓子でした。粉と砂糖を水で練って蒸します。

ぷるんと力強い歯ごたえがあって、くるみがいいアクセントでした。岩手の<がんづき>はこのあたりでは「蒸しパン」と呼ばれると伺いました。

がんづきのレシピ:はちみつ入れてしっとり

がんづき

がんづき | 岩手の蒸しパン

はちみつと牛乳が入ってしっとり、重曹と酢でふくらみます。ふわふわを楽しんでくださいね。
調理 | Cook: 15 minutes
蒸し時間 | Steaming Time: 15 minutes
合計 | Total: 30 minutes
簡単おやつ
和のおやつ
冬いいね
贈り物に
原材料:
ピーナッツフリー
Cost: 200円

道具

分量 : 1 個 | 直径18cm
材料   

作り方

  • 材料をそろえます。牛乳100gは電子レンジで40~50℃(湯気が立つぐらい)に温めておきます。蒸し器のお湯を沸かし始めます。
    がんづき
  • 型を用意します。うらごし器を使いました。オーブンシートを帯状に切って側面に沿わせます。
    型に紙を敷く
  • 底は少し大きめの正方形に切って敷きます。
    がんづき
  • ボウルに薄力粉150g、ベーキングソーダ5gをふるい入れます。
    がんづき
  • 別のボウルにきび砂糖120g、はちみつ20g(大さじ1)を入れます。
    がんづき
  • 泡立て器で混ぜます。
    がんづき
  • 1個を割り入れます。
    がんづき
  • 泡立て器でよく混ぜます。
    がんづき
  • 温めておいた牛乳100mlを一度に加えます。
    がんづき
  • 泡立て器で混ぜます。
    がんづき
  • 液体を粉のボウルに流し入れます。
    がんづき
  • 泡立て器で混ぜてなじませます。
    がんづき
  • 粉っぽさがなくなってとろりとすればOKです。
    がんづき
  • 50mlを加えます。すぐ混ぜます。
    がんづき
  • グルグル混ぜると気泡がしゅわしゅわと出ます。
    がんづき
  • 粉っぽさがなくなればOKです。すぐオーブンシートを敷いた型に流し入れます。
    がんづき
  • 黒ごま小さじ2をちらします。湯気の立った蒸し器にのせます。中火~強火で15分ほど蒸します。
    がんづき
  • 竹串を刺して何もつかなければOKです。
    がんづき
  • さわれるぐらいになったら型から外します。網にのせて冷まします。
    がんづき
  • ふわっとした食感です。ぜひあたたかいうちにどうぞ。
    ふわっとしています

Video

Notes

  • お砂糖は何でもOKです。
  • 酢がたっぷり入りますが酸っぱくはなりません。
  • 酢を入れたら大急ぎで型に入れ、蒸し器にかけてくださいね。
  • 重曹に酢を加えると炭酸ガスが出てよくふくらみます。
  • 冷蔵庫で3日は大丈夫です。
  • 冷めてもおいしいですが、レンジで温め直しても。
さあ、作りましょう!#ペンとスプーンのハッシュタグをつけてご自身のFacebook, Instagram, Twitterに投稿してくださいね。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*