10年レシピ

【カステラのレシピ】新聞紙の箱使ってしっとり

カステラ
Photo by Chikako TADA
新聞で折る箱です。もちろんチラシや無料情報誌も使えます。ケーキ型としても計量した粉を入れるのにも重宝します。
新聞箱
ぐりとぐらのカステラPhoto by Chikako TADA

ぐりとぐらのカステラ再現:フライパンで焼くのに苦労

カステラといえば「ぐりとぐら」です。絵本の「ぐりとぐら」が生まれたのは1963年です。57年、色あせないどころか輝きを増すスーパー・エコロジストです。木を組んだ石のかまどとなべ(フライパン)で「かすてら」を焼き、捨ててしまう卵のカラで車まで作るのですから。道具なんかなくなって平気で、工夫して素敵なものを生み出していきます。

発行元の福音館書店のサイトには、ちゃんとレシピが載っていました。そうそう、バターを入れるのでした、ぐりとぐらは。

京都にアトリエを開いてまもないころ、情報誌の取材で「ぐりとぐら」のカステラを再現しました。しました…といえるのか、フライパンで焼くのにとても苦労しました。オーブンも偉大ですね。下の写真はオーブンで焼いたものです。

ぐりとぐらのカステラPhoto by Chikako TADA

カステラの型、木枠DIYから新聞箱、ソーメンの木箱でも

カステラづくりは京都時代に没頭しました。しっとり焼き上げるには木枠がいいのでいろいろ調べました。買うこともできましたが結構、お高かったのです。

「ぐりとぐら」を見習うべく、ホームセンターでまな板に使われるヒノキ材をカットしてもらい、クギで打ち付けて自作しました。6箱作って材料費は1500円ほどでした。少々いびつですが使うのは私ですから気にしません。

新聞紙とオーブンペーパーを敷いて焼き上げていました。うっかりクギのところに触れてしまうとアチチーでしたが、はちみつがたくさん入ってほんわりしっとり、幸せな気分になりました。インド時代はいただいた小豆島そうめんの木箱で焼きました。豊島屋の鳩サブレーの缶も使いました。

あれこれ試しましたが新聞箱が定番です。とはいえ新聞も購読している人が減ってしまいました。元ブンヤの私ももうとっていません。

「安倍首相辞任」で久しぶりにコンビニで買いました。土曜日の新聞はいいですね、別冊もついているし書評もあるし。150円の値打ちがあります。カステラの箱にもちょうどいいです。野菜を包むのにも活躍します。特ダネの日は200円で内容スカスカ(失礼)の日は100円とか、「時価」にすればいいのに。

老舗カステラ屋さんでも3日は寝かせてから店頭に出すと「暮しの手帖」で読みました。

焼き立てのころはふわふわ、ややパサついているのが寝かせると熟成され、なじんで3日後には立派なカステラになります。時間がおいしくしてくれることに感動します。ぜひ作ってみてくださいね。

新聞箱の折り方

新聞箱

新聞箱の作り方

新聞で折る箱です。もちろんチラシや無料情報誌も使えます。ケーキ型としても計量した粉を入れるのにも重宝します。

調理 | Cook: 5 minutes
合計 | Total: 5 minutes
Author: Chikako TADA

材料 | Ingredients 

  • 新聞紙1枚。15㎝角の箱になります

作り方 | Instructions

  • 折り目にしたがって半分に折ります。A3サイズになります。
    半分に折る
  • また半分に折ります。
    また半分に折る
  • A4サイズぐらいになります。
    A4サイズ
  • 少し起こして広げ、中心に手を入れます。
  • 三角に折ります。
  • ひっくり返します。
  • 真ん中の折り目で立てます。
  • 三角にひろげます。
  • 両辺を立てます。反対側どおしも合わせます。
  • 真ん中に向かって折ります。
  • もう一方も同じように真ん中に向かって折ります。
  • 上から三角形の頂点に向かって折ります。
  • 反対側も折ります。
    反対側も
  • 底になる部分に折り目をつけます。どちら向きでもかまいません。
    下も折る
  • 両端を持って広げましょう。できあがりです!
    広げる

Video

Notes

YouTube動画で折り方の説明は00:23からです。
さあ、作りましょう!#ペンとスプーンのハッシュタグをつけてご自身のFacebook, Instagram, Twitterに投稿してくださいね。

カステラのレシピ

カステラ

自家製カステラ

はちみつがおいしさのもと、ほわほわしっとりです。3日ほど寝かせると立派なカステラになります。

調理 | Cook: 20 minutes
Baking Time | 焼き時間: 50 minutes
合計 | Total: 1 hour 10 minutes
Course:

スナック
おやつ

Cuisine:

和食

Servings: 1 台 | 15㎝角型
Author: Chikako TADA

道具 | Equipment

材料 | Ingredients 

作り方 | Instructions

  • 材料をそろえましょう。
    材料をそろえる
  • オーブンシートを敷き込んだ型にあれば中ザラ糖を散らします。
    中ザラ糖を散らす
  • 卵は3個とも卵黄と卵白に分けます。
    黄身と白身に分ける
  • 卵黄3個を泡立て器で混ぜます。
    卵黄3個を混ぜる
  • 砂糖のおよそ半量を卵黄に加えて混ぜます。
    砂糖を半分加える
  • はちみつも加えます。もったりするまで混ぜましょう。
    はちみつを加える
  • 卵白3個分を泡立てます。ハンドミキサー(220W)なら2分ほどです。
    卵白を泡立てる
  • モコモコしてきたら残りの砂糖を2回に分けて加えます。よく混ぜます。
    モコモコすればOK
  • 2回目の砂糖を加えます。しっかりかたいメレンゲができました。
    2回目
  • 卵黄のボウルにメレンゲをひとすくい加えます。
    メレンゲをひとすくい
  • 泡立て器でグルグル混ぜます。
    よく混ぜる
  • メレンゲのボウルに卵黄液を注ぎます。
    卵黄液を注ぐ
  • 泡立て器で全体をよく混ぜ合わせます。
    よく混ぜる
  • 牛乳を散らし入れて大きく混ぜます。生地がなめらかになり、すくうと跡が残るぐらいにします。
    牛乳を入れる
  • 強力粉をふるい入れます。
    粉をふるい入れる
  • 泡立て器で粉けがなくなるまで混ぜます。
    泡立て器で混ぜる
  • ゆっくり落ちるぐらいになればOKです。
  • 型に流し入れる前に、生地を接着剤のように少し紙に塗りつけます。紙が倒れてこないので入れやすくなります。
    紙をとめる
  • 生地を流し入れます。
    生地を流し入れる
  • 竹串かお箸で底から大きくグルグル10回ぐらい混ぜます。「泡切り」といって、きめを細かくするためです。
    竹串でグルグル混ぜる
  • 180°のオーブンに入れます。1分後に出して「泡切り」を10回ほどします。150°に下げたオーブンに戻して45~50分ほど焼きます。金属の型だと早く火が通るので40分ぐらいです。
    オーブンに入れる
  • ひっくり返して冷まします。ラップに包んで2~3日、冷蔵庫でねかせてからいただきましょう。
    すぐ食べないで

Video

Notes

  • YouTube動画でレシピは1:39から始まります。
  • 薄力粉でもつくれますが食感が変わります。強力粉だとカステラらしい、引きのある、昔ながらのキメの詰まった味わいになります。
  • 焼きあがったら最低でも1日は寝かせましょう。しっとりして卵の味も際立ちます。
  • 新聞箱で焼くと金属型より火の通りがゆっくりなので上手に焼けます。
  • 新聞紙の発火温度は290°ですので燃える心配はありませんが、くれぐれも熱源にふれないように注意してくださいね。
さあ、作りましょう!#ペンとスプーンのハッシュタグをつけてご自身のFacebook, Instagram, Twitterに投稿してくださいね。
Author
Chikako Tada
Chikako Tada
食メディア「Pen & Spoon」編集長。元・朝日新聞記者。ル・コルドン・ブルー・パリ校製菓ディプロム取得。パリⅢ大学で仏語を学ぶ。TOEIC895点。辻調製パン技術講座(通信制)修了。フランス・スイス・NZ・インド・タイ・香港で食セミナー/指導。
あわせて読みたい | RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Recipe Rating