10年レシピ

バウムクーヘンのレシピ | 卵焼き器で簡単、しっとり本格派

進化したバウム
Photo by Chikako TADA
卵焼き器でもオーブンでも作れます。生地は混ぜるだけで簡単です。しっとり味を楽しんで。
バウムクーヘン

ドイツ発祥の焼き菓子・バウムクーヘンは日本でも進化をとげて百花繚乱、ふんわりタイプに伝統の味…何でもござれです。でも手づくりのやさしい味は格別です。生地は混ぜるだけなので簡単、だれでも卵焼き器で本格的なしっとりバウムが作れます。

「バウムクーヘン学会」がきっかけ、京都で手作り開始

私が作り始めたのはパリ製菓留学から戻った京都からです。「バウムクーヘン学会」という集まりに混ぜてもらったのがきっかけです。

日経新聞週末版であった「バウムクーヘンランキング」にコメントをしたり(24種類を食べ比べ)、仲間と買って食べてレビューしたり…。「巻くのは無理でも平面なら作れそう」と自作するようになりました。

長屋を改装したアトリエで何度も焼きました。薄く焼いてはまた生地を上にのせて焼く、の繰り返しです。だんだん下面が焼き過ぎになるので天板を重ね、それでも足りなくて段ボールを挟んだりして工夫しました。

生地を流すのはパリのホームセンターで買ったDIY用のコテを使いました。みんなでワイワイ、左官仕事のように広げてのばして焼きました。

印象に残っているのは大学時代の友人の結婚式です。もう12年前になります。京都から岡山まで風呂敷に包んで運んで当日、式場で飾り付けました。世界一周をした彼女のキャラクターがペンギンだったのでペンギン型のサブレをあしらいました。

バウムPhoto by Chikako TADA
ピラミッドPhoto by Chikako TADA
結婚式Photo by Chikako TADA

主役の2人によるケーキカットが終わるとソレーッ、その場でモノサシを片手に80人分をカットしてラッピングして…お見送りに間に合いました。なつかしいです。

お見送り菓子Photo by Chikako TADA

拙著「パリのおやつ旅のおやつ」でエピソードとともに紹介しています。

インドで進化したバウムクーヘン:巻いて巻いて年輪型に

インドに住んでからも作り続けました。初めて焼いたのは2013年です。首都ニューデリー在住で1歳を迎える赤ちゃんたちの誕生日会にと頼まれました。

赤ちゃん会Photo by Chikako TADA

当初は京都と同じ平面型でした。

でもバウムクーヘンなんてないインドです。どうせなら巻いたほうが喜ばれるのでは…と考えてその後、極太めん棒を軸に巻き始めました。オーブンで1枚ずつ焼いて1周ずつ巻き付けるやり方です。

これも1歳のお誕生日会でお披露目しましました。もちろん赤ちゃんはまだ食べられませんから、異国でよくがんばったママたちのために。2016年です。

進化したバウムPhoto by Chikako TADA

喜んでもらえたのに気をよくして当時、開いていたお菓子づくりの会でも作っていただきました。「丸太バウム」と呼びたい風貌です。

丸太バウムPhoto by Chikako TADA

リボンやマスキングテープも日本から持ち込み、ラッピングまで楽しんでもらえました。

ラッピングPhoto by Chikako TADA

バウムクーヘンのレシピ:しっとり生地がおいしい

バウムクーヘン

バウムクーヘン

卵焼き器でもオーブンでも作れます。生地は混ぜるだけで簡単です。しっとり味を楽しんで。

調理 | Cook: 1 hour 30 minutes
合計 | Total: 1 hour
Course:

おやつ

Servings: 1 個 | 直径15㎝,高さ10cm
Author: Chikako TADA

材料 | Ingredients 

アイシング(砂糖衣)

  • 粉砂糖40g
  • 卵白8g(卵から取り分ける)

作り方 | Instructions

  • 室温においたバターをボウルに入れます。泡立て器で混ぜます。
    バター
  • かたまりがなくなったらグラニュー糖を混ぜます。
    砂糖を入れる
  • 泡立て器でよく練ります。
    よく練る
  • アーモンドパウダーを加えます。
    アーモンドパウダー
  • よく混ぜます。
    よく混ぜる
  • 卵を1個ずつ加えます。まず1個目です。
    卵を加える
  • よく混ぜます。
    混ぜる
  • 2個目の卵を加えます。
    2個目
  • よく混ぜます。とろりとすればOKです。
    とろり
  • コーンスターチをふるい入れます。
    コーンスターチ
  • ゴムベラでしっかり混ぜます。
    混ぜる
  • 薄力粉をふるい入れます。
    薄力粉
  • ゴムベラでさっくり切り混ぜます。
    ゴムベラ
  • リボン状になってようやく落ちるぐらいが目安です。これで生地ができあがりです。
    どろり

卵焼き器で焼く場合

  • 卵焼き器にサラダ油かバターを小さじ1(分量外)ほど引きます。
    焼く
  • 生地を大さじ2ずつ流します。
    大さじ2
  • 卵焼き器を傾けて隅々までのばします。1分ほど焼きます。
    しっかり広げる
  • フライ返しを下に差し込んでひっくり返します。サッと焼いて取り出します。
    ひっくり返す
  • ナイフで縦半分に切ります。
    カット
  • くっつかないようオーブンシートを巻いためん棒に巻き付けます。
    巻く
  • 焼く→切る→巻き付け、を繰り返します。予熱でくっつけます。
    繰り返し

オーブンで焼く場合

  • オーブンシートを敷いた天板に生地を薄く(3~5㎜)のばします。
    オーブンで焼いても
  • 170°のオーブンで3分ほど焼きます。同じ幅に切ります。
    焼いてカット
  • オーブンシートを巻いためん棒に巻き付けます。ある程度の年輪になったらめん棒を抜いても大丈夫です。
    巻き付け
  • 手で押さえながら巻き、かたちを整えます。
    手で押さえる

アイシング(砂糖衣)

  • アイシングをつくります。粉砂糖に卵白を混ぜます。ほんの少量に思えますが大丈夫です。
    アイシング
  • スプーンでよく混ぜます。
    混ぜる
  • 持ち上げるとようやく落ちるぐらいでOKです。
    とろり
  • ゴムベラで外周に塗ります。乾くまでおきます。
    ぬりぬり

Video

Notes

  • フライパンでも(切れ端がたくさんできますが)作れます。丸く流して焼きます。
  • 巻かずにスクエア型にしても。積み上げていくだけです。
    ピラミッドPhoto by Chikako TADA
  • アイシングに卵白を使うのはしっかり固まり、ツヤが出るためです。気になるようなら水でもOKですが、口当たりが少しザラつきます。
  • アイシングをしたら冷蔵庫で保存、1週間ぐらいで食べ切りましょう。
さあ、作りましょう!#ペンとスプーンのハッシュタグをつけてご自身のFacebook, Instagram, Twitterに投稿してくださいね。
Author
Chikako Tada
Chikako Tada
食メディア「Pen & Spoon」編集長。元・朝日新聞記者。ル・コルドン・ブルー・パリ校製菓ディプロム取得。パリⅢ大学で仏語を学ぶ。TOEIC895点。辻調製パン技術講座(通信制)修了。フランス・スイス・NZ・インド・タイ・香港で食セミナー/指導。
あわせて読みたい | RELATED POST
5 2 votes
☆評価☆
コメントを知らせる
通知します
guest
2 コメント
最初
最新 最多得票
Inline Feedbacks
すべてのコメントを見る
響子

子供たちから 本格的なデザートが食べたいよおとの声があがり 神にすがる気持ちで
レシピ通りにつくってみました
お母さんの評判は うなぎのぼりで
めちゃ嬉しかったです
ありがとうございます

2
0
★評価・コメントぜひ(^_-)-☆ | Pen & Spoonx