10年レシピ

NY風コーヒーケーキのレシピ | さつまいも入り、しっとり

コーヒーケーキ
Photo by Chikako TADA
クランブルがカリカリ、ケーキはしっとりです。サワークリームのおかげで軽いのどごしです。混ぜるだけで作れます。
コーヒーケーキ

ここでいうコーヒーケーキは「コーヒーのおともにいただく」ケーキで、コーヒー味ではありません(日本語でも「お茶菓子」といえば普通、<お茶入りのお菓子>ではありませんよね)。ぐるぐる混ぜるだけなのにサワークリームのおかげでしっとりします。クランブル多めが「NY風」なのだとか。さつまいも入りにしたのは私のアレンジで、NY在住の友人へのオマージュです。

Sweet potatoと日本の「さつまいも」の違い

レシピはニューヨークにいる新聞社の同期が「いもきんつば」にトライしたのがきっかけで生まれました。

いもきんつば

寒天液を混ぜたペーストに薄皮をつけて焼きます。焼きたてをどうぞ。

このレシピをみる

いもきんつば

「さつまいも」をふかしてつぶし、寒天液を混ぜてかためて衣を焼く…という流れです。

ところが普通に売っているSweet Potatoを買って試したら「水分が多くてべちゃべちゃ」で、かたまらなかったのだとか。Facebookで状況を知った私、「えー」と叫びました。寒天だったら酸が強い果物以外、何でも固まるはずなのに。まさかSweet potatoが酸っぱい…わけないですし。

原因は水っぽいSweet Potato、かもしれません。確かにふかすとベチョベチョになった経験が私もあります。それにしても…。

Sweet PotatoPhoto by Chikako TADA

同期は日本のさつまいもに近いJapanese Yamを取り寄せて再トライしてくれました。「蒸すところまではバッチリでした。よしよし、と粉寒天を水に溶かして混ぜ、冷蔵庫で冷やしてみたのですが、固まらない…」。

ええー。また叫びました。原因究明よりとりあえず対処療法、せっかくのJapanese Yamをムダにするまじ。思いつきで「卵黄とバターと砂糖を入れてオーブンで焼いてみたら」と伝えました。卵を入れて固める戦法です。

すると「きんつばとは違う、何かおいしいものに仕上がりました!」。写真をみると確かに「スイートポテトグラタン」的なサムシングです。ホッとしました。

よかったよかった…といいつつ「太平洋西海岸をめざしていたら(アフリカの)喜望峰に着いちゃったみたいな」という共通の友人の評が笑えました。

レシピ作者としては「きんつば、難しいレシピじゃないのに」「かたまらないのはなぜ」とウーン…腕組みが止まりません。

結論からいうとイモのせいではありませんでした。同期は寒天ではなく「アガー」を使っていたのでした。寒天とアガーでは使う量が違うので。

サワークリームとは:発酵させた生クリーム

サワークリームは発酵させた生クリームで酸味があります。ヨーグルトよりはコクがあります。日本のスーパーではチーズなど乳製品がある棚に並んでいますね。

パッケージの裏には「カレーやシチュー、ボルシチ、ステーキなどに入れて」とあります。カレー、シチューからの3番目が素敵すぎますが、どんなスーパーでもたいていありますね。

お菓子づくり的にいえばチーズケーキに欠かせません。クリームチーズだけだと酸味が足らず、チーズケーキっぽくなりません。サワークリームが黒衣のようにチーズケーキらしさを生むもとになっています。

バターケーキ(パウンドケーキ、フランス語ならカトル・カール)にも入れることがあります。バターの1~2割ほどをサワークリームに置き換えると、しっとりしてコクが加わる効果があります。

コーヒーケーキとは:クランブルたっぷりのケーキ

基本のコーヒーケーキはクランブル(シュトロイゼル)がたっぷりのっていて、たいていシナモンフィリングが挟まっています。サワークリームが油脂のメーンです。あたためて(あたたかいうちに)いただくのもおいしいです。

コーヒーケーキPhoto by Chikako TADA

米スターバックスでも売られていたことがあり、レシピも公開されています。スタバのレシピはサワークリームではなくギリシャヨーグルトですね。

NY風コーヒーケーキNew York Style Crumb cakeとも呼ばれているようです。クランブルがコーヒーケーキより大きい…というのが「NY」たるゆえんのようです。

私が紹介する「NY風コーヒーケーキ」はクランブルがゴロゴロと大きめ、という本来の意味と、NY在住の友による愛すべき失敗(じゃないですね、おいしかったのだから。ただ喜望峰に着いただけ)に由来する、という2つの意味を込めています。冬休みにぜひ作ってみてくださいね。

さつまいもコーヒーケーキのレシピ

コーヒーケーキ

NY風コーヒーケーキ

クランブルがカリカリ、ケーキはしっとりです。サワークリームのおかげで軽いのどごしです。混ぜるだけで作れます。

調理 | Cook: 50 minutes
焼成時間 | Baking Time: 40 minutes
合計 | Total: 1 hour 30 minutes
原材料:

ピーナッツフリー

Course:

スナック

Cuisine:

アメリカ

Servings: 1 台 | 21cm×15㎝×5㎝
Author: Chikako Tada
Cost: 500円

材料 | Ingredients 

ケーキ

アイシング(なくてもOK)

  • 粉砂糖50g
  • 小さじ2

作り方 | Instructions

  • 材料をそろえます。クランブル用のバターは室温に置いておきます。ケーキ用のバターは電子レンジ(600w40~50秒)か湯せんで溶かしておきます。
    材料
  • さつまいもはやわらかくなるまで蒸すかオーブンで30分ほど焼き、つぶしてペースト状にします。150gを使用します。
    さつまいも

クランブルを作る

  • ボウルに薄力粉、アーモンドパウダー、バター、砂糖をすべて入れます。手で混ぜます。
    手で混ぜる
  • 指先をこするようにしてすり混ぜます。
    もみこみます
  • 全体にバターが行きわたってなじむまで切り混ぜます。ファスナー付き袋に平らにして入れて冷凍庫へ。使うまで休ませます。
    切り混ぜます

ケーキを作る

  • 卵に砂糖を混ぜて泡立て器で泡立てます。
    卵と砂糖
  • 白っぽく、もったりすればOKです。
    白っぽくなればOK
  • サワークリームを加えます。
    サワークリーム
  • よく混ぜます。
    よく混ぜます
  • サラダ油か溶かしバターを加えて混ぜます。
    サラダ油
  • ムラなく混ざればOKです。
    混ざればOK
  • ペースト状にしたさつまいもを混ぜます。
    さつまいも
  • 薄力粉とベーキングパウダーを一緒にふるい入れます。
    薄力粉
  • ゴムベラで粉けがなくなるまで切り混ぜます。
    切り混ぜます
  • 白いところがなくなればOKです。
    よく混ざった生地

焼成・仕上げ

  • 型を用意します。お菓子の空き箱(A5サイズ)を使いました。直径20cmの丸型でもOKです。
    型を用意します
  • オーブンシートを敷き込みます。
    オーブンシート
  • 冷凍庫からクランブルを出します。半分は底一面に敷きます。
    クランブルを敷く
  • 生地を入れてゴムベラでならします。
    生地をのせる
  • 残りのクランブルを散らします。200℃に温めたオーブンを170℃に下げ、40分ほど焼きます。
    クランブルをのせる
  • 焼けたら型から出します。粉砂糖と水を混ぜて練ります。
    アイシング
  • 少し冷めてからアイシングをかけます。スプーンで細く格子状にたらしました。
    スプーンでかける

Video

Notes

  • クランブルは多めに作って冷凍しておいても。リンゴと一緒に焼いたりヨーグルトに混ぜたりして楽しめます。
  • ケーキ部分をバターで作ると風味が増し、サラダ油で作ると軽くなります。お好みでどうぞ。
  • シナモンやジンジャーを入れてもいいですね。
さあ、作りましょう!#ペンとスプーンのハッシュタグをつけてご自身のFacebook, Instagram, Twitterに投稿してくださいね。
Author
Chikako Tada
Chikako Tada
食メディア「Pen & Spoon」編集長。元・朝日新聞記者。ル・コルドン・ブルー・パリ校製菓ディプロム取得。パリⅢ大学で仏語を学ぶ。TOEIC895点。辻調製パン技術講座(通信制)修了。フランス・スイス・NZ・インド・タイ・香港で食セミナー/指導。
あわせて読みたい | RELATED POST
5 3 votes
☆評価☆
コメントを知らせる
通知します
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
すべてのコメントを見る
0
★評価・コメントぜひ(^_-)-☆ | Pen & Spoonx