桜ガレット(サブレ)
10年レシピ, おやつレシピ

桜サブレのレシピ | 型抜きクッキー、アーモンドプードルなし

\ Share! /
桜の花の塩漬け+材料4つで作れます。サクサクで甘さ控えめ、花の塩けがアクセントです。
桜ガレット(サブレ)

桜の花が愛らしい桜サブレ(クッキー)を作りませんか。拙著「パリのおやつ旅のおやつ」(2011年)で「桜ガレット」として紹介してもう10年、毎年「作りました!」と報告してくださる方もいます。

作ってみたい、でも型がない!という人でも大丈夫です。アーモンドプードルなし、黙らせサブレ(ディアマンクッキー)と違って中力粉も使いません。桜の塩漬け+材料4つ、薄力粉だけでサクサクのかみごごちが楽しめます。らんまんの春を楽しみましょう!

桜の花の塩漬け、どこで買える?:スーパーなら「お茶売り場」

輸入食品チェーン・KALDIはお花見シーズン、「桜コーナー」が設けられます。目立つのですぐ見つけられます。同じような輸入食材を扱う「ジュピター」も「桜茶」としてありました。

近所の成城石井にはありませんでした。店員さんに訊きましたが「桜の塩漬け…」とかたまってしまったので「い、いいです~」と。イオン系(マックスバリュ)や西友にはもちろん(!)姿なしです。

スーパーであるとしたら「お茶売り場」です(私は製菓コーナーをうろついてしまいました…)。

オンラインなら確実です。富澤商店cottaなどで扱っています。
【富澤商店】桜花の塩漬 / 60g | 税込410円

桜サブレにするほかおにぎりに混ぜたり、桜茶(お湯に浮かべる)にしたり、お弁当の彩りにもなります。たっぷり楽しみましょう。

型抜きクッキーを型なしで作るには:薄いコップ、つまようじ入れで

同じレシピで作る「ごまガレット」はプラスチックの「つまようじ」入れで作りました。直径5㎝です。

ごまサブレの型
Photo by Chikako TADA
オーブンから出したとたん、ごまのいい香り!作るからこそのおいしさ、五感で味わってくださいね。
このレシピをみる
ごまガレット

桜サブレはプリンが入っていたガラス容器を使いました。直径7㎝です。薄手のガラスコップや茶筒でもいいですね。「型がない」といってあきらめず、ぜひ作ってみてください。のばしてナイフで切るだけでもOKです。

桜の思い出:故郷・岡山の後楽園

「桜ガレット」をレシピ雑誌で紹介したのは2011年春でした。満開のサクラを故郷の岡山・後楽園かいわいで迎えました。岡山大での学生時代以来、20年ぶりだったはずです。

桜サブレ

「芝コン」(芝生の上でのコンパをこう呼びました)中とおぼしき学生グループも見かけました。一緒に行ってくれた同窓Y子さんと言い合いました。

「きっと新歓だろうね」「そうそう、まだ打ち解けてない感じがするし」。

私も芝コンの輪に加わりぎこちない乾杯をし、ビールをもて余していたっけ。

ふいにグッときました。岡山で生まれて22歳まで、毎年4月になれば咲き誇る桜の木に見守られ、学年をひとつ上がりました。

出会いと別れを繰り返して23回目の春、社会へ出るのと同時に慣れた街を巣立ってしまったのだな、と。

当たり前だった日常が遠くなったせいか、胸が熱くなったのをよく覚えています。

桜サブレのレシピ:型抜きクッキー、アーモンドプードルなし

桜ガレット(サブレ)

桜サブレのレシピ | 型抜きクッキー、アーモンドプードルなし

桜の花の塩漬け+材料4つで作れます。サクサクで甘さ控えめ、花の塩けがアクセントです。
調理 | Cook: 1 hour 20 minutes
焼成 | Baking Time: 12 minutes
合計 | Total: 1 hour 12 minutes
焼き菓子
洋菓子とデザート
和のおやつ
春うらら
贈り物に
原材料:
ピーナッツフリー
Cost: 400円

道具

分量 : 11 枚 | 直径7cm
材料   

作り方

  • バター90gは2㎝角ぐらいに切ってボウルに入れます。室温に戻ったら砂糖50gを加えます。
    桜クッキーのバターと砂糖をあわせます
  • 泡立て器でよく練ります。白っぽくなるまでかき立てます。
    桜クッキーのバター
  • 卵黄1個を混ぜます。
    桜クッキーに卵黄
  • 泡立て器でしっかり混ぜます。
    桜クッキー混ぜる
  • クリームのようになってムラなく混ざればOKです。
    桜クッキーの生地
  • 薄力粉120gをバターのボウルにふるい入れます。
    桜クッキーの粉
  • ゴムベラで切り混ぜます。まずそぼろ状にします。
    桜クッキー切り混ぜ
  • だんだんしっとりして粉けがなくなります。
    桜クッキー、粉けがなくなる
  • しっとりすればOKです。
    桜クッキー、混ざればOK
  • ラップなどにのせてひとまとめにします。
    桜クッキー、ラップにうつす
  • 早く冷えるように平べったくして包みます。冷蔵庫で30分以上は休ませます。
    桜クッキーの生地
  • 桜の花の塩漬け15個は水に浸しておきます。塩けを抜くためです。
    桜の花の塩漬け、桜クッキー
  • 台に打ち粉(できれば強力粉、分量外)をふって生地を置きます。
    桜クッキー、打ち粉
  • めん棒を前後左右に転がしてのばします。厚さ7㎜ぐらいにします。
    桜クッキー、のばす
  • 丸型かコップで抜きます。まずぎゅっと生地に押し当てます。
    桜クッキー、コップで抜く
  • 型を外したら下にカードかフライ返しを差し込んではがします。オーブンシートを敷いた天板にのせます。
    桜クッキー、型抜き
  • 桜の花はペーパータオルなどで水けを切ります。1~2個ずつのせます。
    桜クッキー、花をのせる
  • 桜の花は上から指で押さえつけます。170℃に温めたオーブンに入れて12~13分ほど焼きます。
    桜クッキー、天板
  • ふちが色づけばOKです。
    桜クッキー焼き上がり

Video

Notes

  • 直径5㎝なら基本の分量で20枚ぐらい作れます。
  • 粉を入れたらできるだけ練らないようにします。
  • 冷めたら密閉容器に入れて冷蔵庫で保存します。1週間ぐらいは大丈夫です。
  • 桜の塩漬けはもちろん食べられます。生地にのせたら軽く押し付けてくださいね。
さあ、作りましょう!#ペンとスプーンのハッシュタグをつけてご自身のFacebook, Instagram, Twitterに投稿してくださいね。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*