ガトーショコラ
おやつレシピ

ガトー・ショコラのレシピ | バレンタイン

\ Share! /
小麦粉なし、アーモンドプードルが入ります。口当たりは軽くチョコ味は濃厚です。添えるものは生クリームよりベリー類が似合います。
ガトーショコラ

バレンタインをきっかけに手作りしてみませんか。2月14日までレシピを公開してまいります。

1回目はチョコのシガール、2回目はゆずのキャラメル、3回目は巨大チョコチャンククッキー、4回目はココアのディアマン、5回目はエクレアでした。

春巻きの皮で溶かしたチョコをくるくる巻くだけです。ヌテラ(Nutella)なら溶かす必要もないです。
このレシピをみる
シガールショコラ
すっぱーい、あまーい、とろーり、大人向けの三重奏です。レモン汁でも瓶詰の果汁でもおいしくできます。
このレシピをみる
ゆずホワイトチョコキャラメル
アーモンドプードルなし、ベーキングパウダーやベーキングソーダもなしです。ザクザクした食感です。
このレシピをみる
チョコチャンククッキー
泡立てたバターに粉をサブレ(砂)状に切り込むのがサクサクのコツです。アーモンドプードルなしです。
このレシピをみる
ココアのディアマン
シュー生地があたたかいうちにオーブンに入れ、じっと見守ってくださいね。ふくらむのに感動します。いちごに限らずお好みの板チョコで作れます。
このレシピをみる
エクレア

6回目は15年以上、作り続けているガトー・ショコラです。

バレンタイン
Photo by ChikakoTADA

ガトー・ショコラとは:シンプルなチョコレートケーキ

ガトー(Gâteau)は広くお菓子を意味するフランス語です。「ガトー」がつくお菓子といえば「ガトー・ショコラ」と「ガトー・バスク(中に黒サクランボジャムかカスタードの入ったクッキーのようなケーキ)」がすぐ思い浮かびます。あとはパーティーなどで出されるプチガトー(小さいお菓子)でしょうか。

よりきちんと書くと「ガトー・オ・ショコラ」ですね。「オ(au)」は前置詞です。カタカナでは省略されていることが多いので私も「ガトー・ショコラ」と表記しています。

英語では「チョコレート・ガトー」とか「フレンチ・チョコレートケーキ」とか呼ばれているようです。

ガトーショコラ
Photo by Chikako TADA

ガトーショコラに添えるもの:生クリームでなく赤い実で

日本のガトーショコラに添えるものは生クリームがお約束です。もちろん私も好きです。軽いケーキには似合います。でも…。ご紹介するレシピのガトーショコラには、何が何でも赤い実を添えたいところです。

フランボワーズ(キイチゴ)とかチェリー、グロゼイユ(赤すぐり)、イチゴなどです。あの酸っぱさといい、色合いといい、チョコレートの濃厚さを受け止めてくれます。刺身におけるしょうゆ的、なくてはなりません。

下の写真はインドで作りました。ミキサーでイチゴをピュレ状にしてかけています。

ガトーショコラ
Photo by Chikako TADA

「ガトーショコラ・ド・ナンシー」はアーモンドプードル入り

このレシピはパリ製菓留学後、京都のアトリエ時代から作っています。パリで覚えた味の再現で、もう15年以上になります。

ガトーショコラは旅先で習ったもののアレンジを拙著で紹介していました。でもアトリエを手伝ってくれていた友人が「チカコさんのガトーショコラは、本に載っていないのが一番好き」と言ってくれて、あ、そうなんだ!と。

アーモンドパウダー入りなのは「ガトー・オ・ショコラ・ド・ナンシー」(仏東部ナンシーのガトーショコラ)風といえばそうですが、本場のナンシー風はもっとたっぷりアーモンドパウダーが入ります。私のはたった20gしか入りません。本当に「つなぎ」程度です。

シンプルで作りやすいというか「作り心地」がよくて、友人がほめてくれたこともあり、いちばんの定番になりました。

濃厚なのに口当たりはソフトで、本当においしくて、いまだに感動します。ぜひ作ってみてくださいね。オーブンに入れる時間は控えめでOKです。

ベリー×ベリー ガトー・ショコラのレシピ

ガトーショコラ

ベリー×ベリー ガトー・ショコラ | 本格パリ風

小麦粉なし、アーモンドプードルが入ります。口当たりは軽くチョコ味は濃厚です。添えるものは生クリームよりベリー類が似合います。
調理 | Cook: 1 hour
合計 | Total: 1 hour
焼き菓子
洋菓子とデザート
冬いいね
贈り物に
原材料:
制作: Chikako TADA
分量 : 1 台 | 直径18cm
材料   

仕上げ

作り方

  • 材料をそろえます。バター80gは2㎝角ぐらいに刻みます。チョコレート120gはかたまりなら2㎝角ぐらいに砕きます。型にオーブンシートを敷き込みます。オーブンは190℃に温め始めます。
    材料
  • 3個は卵黄と卵白に分けてそれぞれ大きめのボウルに入れます。
    卵黄と分ける
  • 卵白3個分は冷蔵庫で冷やしておきます。
    卵白は冷蔵庫へ
  • 卵黄に砂糖50gを入れます。泡立て器で白っぽくなるまで混ぜます。
    卵黄に砂糖を
  • バターとチョコは一緒にボウルに入れます。湯気が立つ程度のお湯(50℃ぐらい)にボウルを浮かべて溶かします。
    バターとチョコを溶かします
  • 半分ほど溶けたらゆっくり混ぜます。完全に溶けたらOKです。湯せんから外します。
    完全に溶かす
  • 卵黄液にすべて注ぎ入れます。
    卵黄に注ぐ
  • 泡立て器でムラなく混ぜます。
    よく混ぜます。
  • ココア20gとアーモンドパウダー20gを一緒にふるい入れます。
    ココアとアーモンドプードル
  • グルグル泡立て器で混ぜます。
    グルグル混ぜる
  • なめらかに混ざればOKです。
    なめらかに
  • 冷やした卵白を取り出してメレンゲを作ります。ハンドミキサーの低速で混ぜ始め、次第に高速にします。
    メレンゲを作ります
  • モコモコしてくればOKです。
    もこもこ
  • 砂糖30gを半量ずつ2回に分けて加えます。加えるたびに泡立てます。
    砂糖を加えます
  • 残りの砂糖も加えます。ハンドミキサーなら低速に落として大きく混ぜ合わせます。
    2回に分ける
  • かたいメレンゲになればOKです。
    ピンとツノがたつ
  • メレンゲ⅓をチョコレートのボウルに入れて泡立て器でよく混ぜます。白いところがなくなるまでしっかり混ぜます。
    3分の1のメレンゲ
  • メレンゲのボウルに全部戻します。
    メレンゲに戻す
  • ゴムベラに持ち替えます。なるべく泡をつぶさないよう切るように混ぜます。
    混ぜます
  • しっかりなじめばでOKす。
    なじめばOK
  • 型に流し入れます。オーブンシートについた生地は焦げるのでぬぐいます。
    型に入れます
  • ゴムベラで平らにします。170℃のオーブンで20分ほど焼きます。
    平らにします
  • 少し焦げるぐらいでOKです。
    焼き上がり
  • シンプルなデコレーションを楽しみましょう。手をかざして粉砂糖を茶こしで振ります。
    手かざし
  • 手が…大きくなっていてショック!赤ちゃんのころはかわいかったのですが。
    ちょっとどうでしょう
  • やり直しました。ココアを全面にふってからフォークをのせ、粉砂糖をふりました。
    フォーク
  • ミックスベリーは冷凍のものでOKです。赤いのだけより分けて使いました。
    ミックスベリー
  • 粗く刻みます。ハンディプロセッサーでソース状にしてもOKです。添えます。
    刻む
  • カットしたケーキにベリーを添えます。アイスクリームはお好みでどうぞ。お皿にフォークをのせてからココアパウダーを振りました。
    ガトーショコラ

Video

Notes

  • チョコレートはぜひカカオ分50%以上を使ってください。板チョコなら「ブラック」です。
  • ココアはなくても作れますが、入れたほうがチョコレートが濃厚に香ります。
  • 焼き過ぎに注意してください。
さあ、作りましょう!#ペンとスプーンのハッシュタグをつけてご自身のFacebook, Instagram, Twitterに投稿してくださいね。

2 Comments

  1. Pingback: わっぱ弁当ブログVol.24 | お赤飯弁当、肉詰め弁当|食メディア Pen&Spoon | ペンとスプーン

  2. Pingback: お菓子作り初心者さんへ | 基本の材料を3000円でそろえる|食メディア Pen&Spoon | ペンとスプーン

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*